医療法人 笛木会
笛木外科胃腸科

理事長 笛木和彦
ごあいさつ
現在の日本の医療は、世界の最高レベルにあるといわれています。
これには、現行の健康保険制度が、大きな役割を果たしていると考
えられます。しかし、21世紀に向かい、高齢化社会の訪れは、有病
率の上昇につながります。このような状況において、健康保険制度
にかかる負担は増大し、細部にわたる医療供給を維持することは、
容易なことではなく、保険医療にすべてたよることは難しい状況と
考えられます。
 現在の治療医学の発展には、めざましいものがあります。
しかし、発見の遅れた癌、心筋梗塞、脳出血は、重篤な疾病であり
現在、日本において、死亡原因の上位を占めております。
これからは、治療医学と共に予防医学に重点をおき、早期発見、
早期治療を行うことが、私達医療に携わる者として、大切な事と考
えます。
 そこで、私達は、会員制医療サービスシステム「MEDICAL 21」
を創設し、予防医学の充実を図り、医療の効率性を高め、会員の皆
様の健康の維持、増進のために、お役に立ちたいと考えております。
よろしくご理解、ご指導の程、お願い申し上げます。